活動内容

トップページ活動内容シンポシオン

シンポシオン

2015

  • 災害ボランティアの育成と防災におけるICT利活用の推進 (2015/11/21)



    第1部 講演 13:00~14:30

    1. 首都圏を襲う大地震の姿と対策 東京大学地震研究所教授 平田 直
    2. 地域社会との連携によるICTを用いた減災対策支援 電気通信大学准教授 山本佳世子
    3. 調布市の防災体制 調布市防災担当者
    4. 電気通信大学における防災体制 電気通信大学防災担当者

    第2部 レスキューロボット実演・大学施設見学 14:40~15:40

    京都大学大学院教授 松野 文俊
    京都大学大学院教授 松野研究室 学生

    第3部 パネルディスカッション 15:50~16:50

    コーディネーター
    宮嵜  武(電気通信大学教授・社会連携センター長)
    パネリスト
    平田  直(東京大学教授)、 松野 文俊(京都大学教授)、 調布市防災担当者、
    山本佳世子(電気通信大学准教授)、 水戸 和幸(電気通信大学准教授)

    ※案内ポスターはこちらです

2013

  • 総合コミュニケーション科学がもたらす豊かな人生 (11/30)




    知る
     ミニ公開講座

    「脳科学の工学的応用」横井浩史(電通大 教授)

    「がんの個別化医療とスーパーコンピュータ」宮野悟(東大医科研 教授)

    「脳と心の発達 Nature & Nurture」田中繁(電通大 特任教授)

    「歩けば美と健康が得られる」岡田英孝(電通大 准教授)

    語る
     ワールドカフェ:地域で活かす、総合コミュニケーション科学

    進行:杉山裕子(調布アットホーム、調布子育て協働プラットホーム)、
         林茂雄(電通大)
    インスピレーショントーク:田中繁(電通大)

    ※案内ポスターはこちらです

2011

  • 若者のパワーとセンスが社会を変える (11/20)




    知る
     課題解決におけるボランタリーな社会活動

    「地域のなかのボランティア」阿部浩二(電通大副学長)

    「電通大社会センターの役割」林茂雄(電通大社会センター長)

      -------------------------------

    「特別支援学校で障害者向けICTにとりくむ」西野哲朗(電通大)

    「味スタ学習室で見た若者の思いやりと行動力」佐々木啓子(電通大)

    「調布まちなかICT」谷中邦彦(上布田商栄会)

    「ネットワークで生まれる新しいボランティア」杉山裕子(ちょこネット)

    語る
     ワールドカフェ:大学の力をまちに生かす

     進行:林茂雄、杉山裕子、市川望美

2009

  • 高校と大学はどう連携できるか (11/22)

    基調講演

    「日本の世直しと科学技術」北澤宏一氏(科学技術振興機構)

    フォーラム

    「高大連携のめざすこと」佐藤 友久氏(東京農工大学 大学教育センター)

    「高大連携を推進して」谷口 哲也氏(千葉県総合教育センター)

    「真の高大連携とは」山本 明利氏(神奈川県立西湘高等学校)

    「学校教育と大学・社会の連携」原口 智 氏(立教女学院中学校・高等学校)

    「一教員が考えること」鈴木 勝 氏 (電気通信大学電気通信学部 量子・物質工学科)

2008

  • 大学の挑戦-ここまで楽しさ、不思議さを伝える:理系浪漫の育み (11/23)

    基調講演

    「怪奇現象vs科学-TVドラマガリレオの実験の楽しみ方-(実験付き)」滝川洋二氏(東京大学、ガリレオ工房)

    フォーラム

    「電気通信大学におけるこれまでの取組み」 林 茂雄 (電気通信大学電気通信学部 量子・物質工学科)

    「小学校の立場から-先生全員が理科好きに(実験付き)」寺木 秀一氏(調布市立布田小学校)

    「中学校の立場から-中学理科が変わると地域が変わる(実験付き)」岡野 泰雄氏(渋谷区立鉢山中学校)

    「中高一貫女子校の立場からー女の子だからなんて言わせない」黒瀬 卓秀氏(私立カリタス女子中学高等学校)

    「特別支援学校の立場から」兵馬 孝周氏(東京都立調布特別支援学校)

2007

  • 地域の理科教育をめぐって (11/24)

    第1部

    流れと遊ぼうコンテスト見学会

    第2部

    地域への理科教育:CSRの新しい可能性

    「CSRと大学の地域貢献」福田 豊氏(電気通信大学電気通信学部)

    「東芝科学館の地域社会における社会貢献活動の紹介」小宮 雅紀(東芝科学館館、小向東芝少年少女発明クラブ)

    「学校外での理科教育支援活動 -企業の社会貢献活動支援を受けながら-」桑門 聡 (刈谷少年発明クラブ)

    「アジレント・テクノロジーの理科教育支援活動」小西 正之(アジレント・テクノロジー(株))

    「小中学校の教育現場から見た地域理科教育」吉川光子 ((前)渋谷区立富谷小学校長)