トピックス

トップページトピックス大学を花でいっぱいに - 花植え活動

2009.11.12大学を花でいっぱいに - 花植え活動

平成15年から大学内の花壇の整備、手入れ等を調布市のボランティアグループ「調布花・はな」にお願いし、環境美化を図ってきていますが、11月6日(金)に教職員・学生、特別支援学校中学部の生徒と教員の総勢55人ほどが参加して花植え作業を行いました。

 三木社会連携センター長の挨拶のあと、花・はなグループ代表の原さんから「パンジーは根をほぐしてから、チューリップは周りのビニールをはがしてから球根の大きさの3倍の穴を掘ってそこに埋めるように」などの説明があり、その後、一緒になって自然とのふれあいを楽しみました。

 今回植えたチューリップは、来春の卒業式、入学式の頃には立派な花を咲かせることになると思います。花植え作業は、夏と秋の年2回行われていますが、日頃から花壇の手入れをしていただいている同グループの皆さんの尽力により、四季を通じて可憐な花々が咲き、教職員ばかりでなく地域住民の方々にも目を楽しませてくれています。