センターについて

トップページ > センターについて

社会連携センターとは?

大学がもつ資源を通して社会に貢献する

大学はさまざまな資源をもっています。教職員・学生・卒業生といった人的資源、研究実績や特許などの知的資源、 大学の枠を超えたつながりであるところのネットワーク資源があります。さらには古代ローマの交わりの場に比せられるフォーラムが 提供できることも資源のひとつといえるでしょう。これらの資源を通して社会に貢献することは、原則的にいえば当然のことです。
(なお、知的資源を通して地域の活性化に貢献する事業はリエゾン部門が担っています)

インターフェースとして地域社会のニーズに応える

社会貢献が当然とはいっても、やみくもに何かをやればよいものではありません。 資源は有限ですし、大学の存立基盤である教育や研究とはやや性格が異なります。 教育プログラムを社会に提案するところから教育が始まりますし、支援機関に提案してはじめて研究助成が得られます。 しかし地域貢献は、地域からもたらされるニーズを受け止め、あるいはどこにニーズがあるかを探るところから始まるものでありましょう。 東京という巨大都市の近郊に位置した本学には、固有の役割があります。 社会連携センターはコーディネータとして間接的に、あるいは可能であれば直接的に、地域社会と協働していきます。

地域は広い

社会連携センターがとらえる地域社会は、第一義的には多摩地区ですが、決して23区を排除するものではありませんし、 東京都以外でも対応可能であれば受け付けます。そこが地名がついていない電気通信大学の強みです。

主な事業内容

  1. 初等中等教育支援  (発明クラブ、教育委員会との連携、サイエンス・パートナーシップ・プロジェクトなど)
  2. 学生ボランティア活動支援  (教育補助、福祉活動など)
  3. 講演会あるいは公開講座のコーディネート
  4. 地域貢献に関するフォーラム  (シンポシオン)  の実施
  5. その他、地域との交流事業  (美化活動、花植え、おもちゃの病院など)