活動内容

トップページ活動内容サイエンスカフェChofuのご案内

サイエンスカフェChofuのご案内

 科学技術の進歩が著しい現在のおいて、AI(人工知能)、IoT、ナノテク、脳科学、ロボットなどのサイエンスに関する研究成果は、私たちの生活において身近なところで応用されています。しかし、その先端技術について知識を深め、自由な発想で互いのアイディアについて語り合う場はありませんでした。

 今回、調布市と電気通信大学が連携し、「サイエンスカフェChofu」を実施致します。電気通信大学をはじめとする調布市および近隣の大学や研究機関の研究者を講師に迎え、サイエンスの楽しさについて広く知ってもらうとともに、研究者と市民がサイエンスについて気軽に話し合い、交流を深めることを目指します。

共催

調布市、一般社団法人目黒会(電気通信大学同窓会)

飲食物の提供

障害者福祉施設によるクッキーの販売有り(200円程度)、飲み物は各自ご用意ください(近隣にコンビニエンスストア有り)

平成29年度 サイエンスカフェChofuのご案内

本年度のサイエンスカフェは以下の通り予定しています。お申し込みは案内の下にあるボタンをクリックするか、研究推進課までお電話下さい。

※第2回目以降は詳細が決定次第、こちらのページにてお知らせ致します。

平成29年度サイエンスカフェChofu

掲載日 2017.10.31 受付状況 申込受付中
テーマ

第2回
(1)ロボットは何からできている? ~ロボット要素工学概論~
(2)ロボットの制御 ~賢い動きをどう実現する?~

講座内容

「サイエンスカフェChofu」の第2回は、ロボットをテーマに行います。

(1)「ロボットは何からできている?」では、ヒューマンアシストロボットを例として知能機械システムの構成と機能について説明します。さらにそれらを実現するための要素技術(機構・機械要素、電気電子回路、アクチュエータ、センサ、コンピュータ、ネットワーク)を概観し、要素技術の実像として、歯車、ロータリエンコーダ、画像センサを解説します。
(2)「ロボットの制御」では、ロボットは、時には人間と比較にならないほど「賢く」動くことができます。それはどのような理論や技術によって実現され、学校で学ぶ内容とどう関係しているのか?ヘビ型ロボットの研究例を挙げながら解説します。
※詳細資料 ⇒ 第2回サイエンスカフェのご案内

開講日 2017/12/16(土) 14:00~15:30 受講対象 学生・一般の方(高校生以上)
場所 電気通信大学100周年キャンパスUECアライアンスセンター1階「100周年記念ホール」 定員 30名
申込期間 2017/11/6(月)~13(月)
 ※申込み多数の場合は抽選
受講料 無料
備考


掲載日 2017.8.31 受付状況 終了
テーマ

第1回 「ふわふわ」「さらさら」オノマトペで誰にでも寄り添える人工感性知能へ

講座内容

人工知能(AI)について、講師の著書「人工知能がほぼほぼわかる本」(オーム社)から分かりやすく紹介し、次世代人工知能のカギとなる「感性AI」についてお話します。特に、「オノマトペ」研究が可能にする人の感情・感覚の数値化の方法と、その応用事例を紹介します。更に、今年多くの媒体で取り上げられたアイドルグループ「仮面女子」の作詞にみる「感性AI」の取り組み事例も紹介します。
※詳細資料: 第1回サイエンスカフェのご案内

開講日 2017/10/14(土) 14:00~15:30 受講対象 学生・一般の方(高校生以上)
場所 電気通信大学100周年キャンパスUECアライアンスセンター1階「100周年記念ホール」 定員 30名
申込期限 2017/9/5(火)~12(火)
 ※申込み多数の場合は抽選、定員に満たない場合は10/5(木)まで延長し先着順とします
受講料 無料
備考


問い合わせ先

電気通信大学 研究推進課  (キャンパスマップ地図番号 13)
〒182-8585 東京都調布市調布ヶ丘1-5-1
e-mail:
電話 042-443-5880 (土・日・祝日を除く 9:00~12:00、13:00~17:00)